スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の酒歴(1)

私はどのようにしてアルコール依存症になるに至ったか。
それを振り返るべく、これまでどのような飲み方をしていたかを、何回かに分けて書いていこうかと思う。
(ある読者の方からのリクエストで書き始めたのだが、まだ2回分しか書けていない。完結するかどうかは不明である)

私は高校を卒業するまで実家で暮らしていた。その間、酒を飲むことはほとんどなかった。

大学に入学すると、一人暮らしを始めた。
いまでも恐らくそうだろうが、新入生歓迎コンパなるものがあり、そこで初めて、酒を飲まされた。
初めて飲んだ酒の味は、おいしいとは思えず、また、人と比べて私は酒に弱く、さほど多く飲むことはできなかった。

いまはもう、すたれていると思うが、私が大学生だったころは、イッキ飲みはごく普通に行われていた。
私はこのイッキ飲みが苦手だったので、なんとか逃れようと、コンパのときは頃合を見計らってトイレに逃げ込んだりしていたものだった。

そんな私が、自分から進んで酒を飲むようになるのは、大学3年生頃のことである。

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:マツヤマ
年齢:41歳
職業:会社員
持病:アルコール依存症、双極性障害

H病院での約3ヶ月の入院を経て、復職を目指す日々をつづります。
現在は実家にて療養中です。
→リワークデイケアに参加中です。
→一人暮らしを再開しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ランキング
断酒カウンター


こちらのブログからお借りしました。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Amazon.co.jp 検索結果
キーワード:アルコール依存症
広告
私が小遣い稼ぎに利用している、アンケートサイト・マクロミル
紹介記事はこちらです。

マクロミルへ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。