スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

断酒300日を超えて

このブログの右サイドにつけてある「断酒カウンター」を見て、断酒日数が300日を超えていることに気がついた。
きょうで309日目になるので、いまさらという感じはするが、とりあえず達成感のようなものは感じる。

ただ、この300日あまり、断酒を続けてこれたのは、入院中であったり、実家で生活していたりして、酒を飲んでいないかどうか、という監視の目があったことが大きいと思っている。

2014/05/25の日記にも書いたとおり、私はまもなく一人暮らしを始めることになっている。
その時に、これまでのように断酒を続けられるだろうか。
これまで失敗を繰り返してきたので、大いに不安を感じている。
スリップせず、このブログで「断酒一年」を報告できるようになればよいのだが。
スポンサーサイト

使わないPCの中身を消去

ことしの4月にWindows XPのサポートが終了した。
手元に、XPのノートPCが一台あるのだが、サポート切れのPCを使い続けるリスクは避けたい。
そこで、このマシンにはPCリサイクルマークがついているので、リサイクルに出すことにした。

その前に、PCの中のデータを消そうと思い、検索して探し当てたのが、以下のブログである。

これだからお姉ちゃんは~! : フリーソフト「DESTROY」でハードディスクを消去してみた

おかげで、無事データを消去することができた。
あとは、メーカーに連絡し、回収窓口に送れば、手続きは完了だと思う。

まもなく一人暮らし

私は現在、実家にパラサイトしながらリワークデイケアに通っている。
しかし、復職を目指すにあたって、東京近郊の自宅アパートで、問題なく一人暮らしができるようになる必要がある。
そのため、リワークの担当カウンセラーから、リワークプログラムの後半は、自宅から通うように、と言われていた。

きのう、主治医の診察を受けた際に、上記のような理由で、そろそろ一人暮らしをしたい、と打診したところ、許可をもらうことができた。
復職の時期についても、リワークが終了するころ(いまのところ、7月下旬の予定)には大丈夫だろう、とのこと。
ただしこれは、再飲酒しなければ、という条件付きではあったが。

カミングアウトについて その2

以前、この日記で、リワークデイケアでは、アルコール依存症であるということを隠しておくつもりだ、と書いた(2014/03/16の日記)。
いまのところ、他の参加者にはアルコールの問題について話していない。知っているのは、担当カウンセラーのみである。
このまま、リワークのメンバーには最後まで隠しておくほうがよいと思っている。
色眼鏡で見られるのが嫌だ、というネガティブな理由のためであるが…

ブランドにこだわる

きのうの日記で、「お気に入りの睡眠薬」(ロヒプノールである)について書いたので、ふと思い出したこと。

先日、主治医の診察を受けた後、調剤薬局で薬を出してもらう際に、厚生労働省から、ジェネリック医薬品の利用をすすめるようにという通達(?かなにか)が出ているのだが、どうするか、と質問されたことがあった。
その際、私は「ジェネリックはあんまり好きじゃないんで…」と答え、従来通りの薬を出してもらった。
ジェネリックに変えれば安くなるのは知っているのだが、私はブランド好きなので、先発品にこだわるのだ。
(入院中は選択権がなく、ジェネリックしか飲めなかったが)

風邪をひく

風邪をひいてしまい、月曜日・火曜日とリワークデイケアを休んだ。
本当はきょうも休みたかったのだが、出席率が悪いとデイケア終了の時期が遅くなる、という噂をほかの参加者から聞かされていたので、なんとか出席した。
きょうは睡眠薬を飲んで早く寝ることにしよう。
ちなみに、私のお気に入りの睡眠薬はロヒプノールである。

休日の過ごし方 その2

以前は、土日の休みは、ほとんど朝から晩まで、酒を飲んで過ごしていた。
そのため、今後は酒を飲まずに、どうやって暇をつぶそうか、と前々から考えていた(たとえば、2014/04/06の日記など)。

そこで思いついたのが、いわゆる観光スポットというものを巡ってみようか、というものだった。
私の自宅は東京にほど近く、職場は都心にある。そのため、復職後に通勤定期を使えば、交通費をあまりかけずに、都内の観光名所を回ることができるだろう。

太宰治の「人間失格」に、こんなくだりがある。

(略)自分は、ちょいちょい学校を休んで、さりとて東京見物などをする気も起らず(自分はとうとう、明治神宮も、楠正成の銅像も、泉岳寺の四十七士の墓も見ずに終りそうです)家で一日中、本を読んだり、絵をかいたりしていました。


私も、「東京見物」に興味はなかったので、これまで観光地に行ったりすることはなかった。
しかし、休みの日に家にこもっていると、きっと飲みたくなると思うので、自分に向いているような観光スポットを探してみようかと思う。

断酒継続中です

アルコール依存症者の周りの人は、依存症者がふだんとは違う行動をとると、「また酒を飲んだか」と思うものらしい。
だから念のため書いておくが、最近このブログの更新が不定期なのは、単に疲れているからであり、スリップしたわけではない。
そのうち、心に余裕ができてくれば、以前のように毎日更新できるようになる…といいな。

シュールな飲酒夢

ゆうべは久しぶりに、酒を飲んだ夢を見た。
銀行のATMのタッチパネルに、「預け入れ」「引き出し」などのボタンにならんで、「酒」ボタンが追加されていて、そのボタンを押すと、現金の出入り口から、グラスに入った酒が出てくるという、シュールな夢だった。
夢の中で私は、ATMの前に陣取り、次々とグラスを空けては、「酒」ボタンを押していたのであった。
どういうわけか、夢の中で飲んだ酒の種類(ウィスキー、日本酒、ビール…)は覚えていない。1年近く酒を飲んでいないので、酒の味を忘れてしまったのだろうか。

目が覚めた時は、連続飲酒をしていたころを思い出し、さすがに嫌な思いになった。
でもまあ、夢でよかったとは思う。

ちなみに、以前にも(2013/11/19の日記)このブログで紹介したが、下記のリンク先によると、アルコール依存症の患者が、酒にまつわる夢、飲酒夢を見ることは珍しくないらしい。

アルコール依存症者の飲酒夢と断酒継続との関係に関する調査研究

敗北感

「加齢臭対策には、耳の後ろを石鹸で洗うとよい」という情報をネットで見かけ、入浴時にさっそく試してみた。
洗うこと自体は大した手間ではない。ひげをそるほうがよっぽど面倒だ。ただ、自分がこういうことを意識しなければならない年齢である、ということを受け入れるのは難しい。

ちなみに、加齢臭について、これまで人から指摘されたことはない。
ネットで上に書いたような情報を見かけ、自分も年齢的に、そろそろ気をつけなければ、と思っただけである。

郷愁

ふと思い立って、Googleマップのストリートビューで、勤務先の周辺の写真を見てみた。
休職開始から、もう1年以上になる。あの場所に戻れるのはいつになるのだろうか、と思った。

休みの代償

5/1の日記で、「6日間くらいの期間で、生活リズムが乱れたりすることもあるまい」などと書いていたが、実際、休み中に昼寝や寝坊をしていた影響は残っている。
きょうの朝は、リワークデイケアに向かう電車の中で居眠りしてしまい、もう少しで乗り過ごすところであった。
幸い、明日からまた休みなので、今度はなるべく規則正しい生活をしようか、と思っている。

休みボケ

リワークデイケアは、5/1~5/6のあいだ休みだったため、6連休であった。
休み中、昼寝をしたり、寝坊をしたりしていたせいか、どうも調子が悪い。

休み明けのきのうは「自律訓練法」(CDを聞いて行う)で、爆睡してしまった。
きょうは、「運動」でウォーキングを行ったのだが、それほど長い距離を歩いたわけではないのに、へとへとになってしまった。

あしたも早く起きないといけないので、早めに寝ることにしよう。

「ルポ・精神病棟」復刻版

このブログには、Amazon.co.jpへの広告リンクを貼っている。
その中で、先月、一番クリック数が多かった商品が「ルポ・精神病棟」(文庫版)であった。

昼めしで、アジの干ものの頭を残した。私がもう頭を食べないとわかった瞬間、患者たちの間で奪い合いが始まった。東京のある精神病院。私はアル中患者として二月初旬に入院した。三週間は居るつもりだった。が、十二日目に精根つき果てた。


という文章で始まる、この作品は、現在絶版となっている。
内容が古いので(上記の「二月初旬」は、昭和45年のことである)、仕方ないのかな、と思っていたら、電子書籍で復刻版が出ているのを知った。

私は文庫版を持っているので、いまのところKindle版を買うつもりはない。もうちょっと安ければ考えたところだが…



こどもの日に思うこと

このブログのプロフィール欄にある通り、私は40歳である。
結婚して子供が2人くらいいてもおかしくない歳であるが、これまで独身生活を続けてきた。
私にとっては、女性とデートするよりも、家で一人、酒を飲んでいるほうが楽しかったのだ。
これからは、何を楽しみにすればいいだろうか、そんなことを考えた一日であった。

平日の昼間に出歩くということ

私がいま生活拠点を置いている実家の周辺は、はっきりいって田舎なので、見かけない顔がうろついていると噂になりかねない。そのため、平日の昼間などにウォーキングや買い物で出歩くときには、不審者扱いされるのではないか、といらぬ心配をしていた。職務質問されるかもしれない、とも思ったものだ。

このところは、平日はリワークデイケアに通っているので、そのような心配をする必要はなくなった。
しかし、平日の昼間に出歩くことに、後ろめたさを感じなければならないような土地柄は、いかがなものか、と思ってしまう。

初代iMacの思い出

ニコニコ動画で「初代iMac発表のプレゼン(字幕付き)」という動画を見た。

私は、この初代iMacに一目ぼれして、発売後すぐに購入した。1998年のことだった。
社会人になってまだ間もなかったため、金がなかったので、クレジットカードのリボ払いで買った記憶がある。
購入後、いろいろと手を加えた。メモリを増設し、マウスとキーボードを取り替え、CD-ROMドライブを入れ替えてCD-Rドライブにした(分解するのが大変だった)。

そうしてしばらくの間、Macユーザーを続けていたのだが、その後、自作パソコンに興味が移った。
愛着のあったiMacは知人に譲り、Macとの付き合いは終わった。

最近のMacは、価格も手ごろだし、MacBookでも買ってみようかな、と思うこともしばしばある。
躁状態になったら買ってしまいそうなので、気をつけなければ。

世間並みのゴールデンウィーク

きょう、あした(5/1,5/2)はリワークデイケアは休みである。
そのため、私はきょうから6日間の連休になる。
世間一般と同じように、ゴールデンウィークの休暇がとれるわけで、やっぱりうれしいと感じる。

きょうはさっそく、昼食後に2時間ほど昼寝をした。
せっかくの休みの日なのだから、多少だらけた生活をしてもいいだろう。
6日間くらいの期間で、生活リズムが乱れたりすることもあるまい、と楽観視している。
プロフィール

マツヤマ

Author:マツヤマ
年齢:41歳
職業:会社員
持病:アルコール依存症、双極性障害

H病院での約3ヶ月の入院を経て、復職を目指す日々をつづります。
現在は実家にて療養中です。
→リワークデイケアに参加中です。
→一人暮らしを再開しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ランキング
断酒カウンター


こちらのブログからお借りしました。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Amazon.co.jp 検索結果
キーワード:アルコール依存症
広告
私が小遣い稼ぎに利用している、アンケートサイト・マクロミル
紹介記事はこちらです。

マクロミルへ登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。